ワキガ手術というと切るイメージが強いため、手術に抵抗を感じる人もいるでしょう。

しかし、現在は切らないワキガ手術も存在します。

もし、切るワキガ手術に抵抗を感じているのであれば、
切らない方法で手術を行ってみてはいかがでしょうか?

切らないワキガ手術としては、以下の2つが代表的です。

・レーザー治療
・ボトックス注射

ミラドライというレーザー治療であれば、切らなくてもワキガを改善することができます。

これは、マイクロ波によって臭いを発生させる部分を破壊するという方法で、
効果は切る手術と同等です。

手術痕が残らないというメリットがあるので、特に女性の方に人気があります。

また、ボトックス注射というのは、
脇下にボトックスを注入して汗の分泌を抑制するというものです。

汗を抑えることによって、雑菌による臭いを発生させにくくすることができますし、
体への負担も少ないため、こちらを希望される方も少なくありません。

ただし、一生効果が持続するという訳ではないので、定期的に注射を受けないといけないでしょう。