加齢臭の臭いと香水の香りが混ざり合って、
周囲に不快な思いをさせてしまうことが多いですから、
香水の使用は控えた方がいいです。

別の香りでごまかそうとするよりは、しっかりと消臭対策したり、
加齢臭を軽減させる努力をした方がいいでしょう。

特に満員電車で通勤するような場合は、
香水の香りでさえも決して心地よいものではありません。

また、香水は時間とともに香りが薄れていきますから、
根本的な問題の解決にはならないのです。

それに、自分ではあまり感じられない加齢臭を隠すために、
香水をつけ過ぎてしまうことも多いでしょう。

香水の香りというのは、人それぞれで好みも違いますの
やはり有効な加齢臭対策とはいえません。

つけるのであれば、
香水ではなく消臭スプレーのようなものを利用する方がいいですね。

いずれにしても、加齢臭は元から断つ努力をすることをオススメします。

加齢臭を防ぐという石鹸なども販売されていますし、
食事療法や生活改善を行って加齢臭の元を少しでも減らす努力をしましょう。