『株投資』ってどういう仕組みなのか簡単に説明すると、株式の売買によって利益を得られるようにする事です。

上場されている企業の株式は、誰でも買ったり売ったりする事が出来ます。

この時に、単純に安い値段の時に株式を買い、その株式の値段が購入した時点の値段よりも値上がりした時に株を売ります。

そうすれば、その時の「金額の差」が利益となります。

この金額の差が『株投資』によって利益を得る方法ですね。

また、『株投資』には、このような株式の売り買いの他にも、「配当金」や「株主優待」によって利益を得る方法もあります。

企業は株式を買ってくれた株主に対し、利益の一部を還元する事も少なくありません。

これが配当金です。

株主優待もまた、利益の一部を還元するという考え方ですが、お金ではなく品物や商品券、その企業の割引券などが多いでしょう。

それに、ここで注意しなければならないのは、全ての企業が配当金や株主優待を実施していない、という事です。

「配当金」や「株主優待」は、『株投資』のおまけのようなものだと考えておくと良いかもしれませんね。車 売るなら