秋冬になると気候もだいぶ涼しくなり、襟元や首回りが少し寒く感じる季節です。そこで活躍するのがマフラーですね。マフラーは首元を温かくしてくれるのと同時に、冬のファッションアイテムとして男女問わず大変人気があります。また、マフラーは巻き方ひとつでガラッと印象が変わるので、巻き方を変えることによってファッションを楽しむことができます。ここでは、マフラーの定番の巻き方をいくつか紹介します。まずは二重巻きで、主に長めのマフラーをするときの定番です。マフラーを縦半分に折り、マフラーの中心を首の正面にあて左右後方に流し、後ろで交差させて前へもってきます。次にシンプルクロスで、時間がない時でもすぐに巻けてラクチンで手軽な巻き方です。マフラーを適当に縦に折り、左右どちらかが長くなるように首にかけ、長い方を反対側の肩に流します。ワンループもシンプルクロス同様、簡単に巻くことができ、見た目もすっきりとしていて定番の巻き方です。マフラーを縦に半分に折り、それをさらに横に半分に折ります。そして、それを首にかけてマフラーの端を輪の中に通してください。二重バックノットは首元にしっかり巻きつけるので、他の巻き方に比べて温かく、また見た目もカジュアルでおしゃれです。少し長めのマフラーを四つ折りにして首にかけ、前で交差させてマフラーの先端を後ろへもっていき、後ろ首のところでひと結びすれば完成です。二重サイドノットは結び目が横になり、二重バックノットとは違ったカジュアルさが出ておしゃれに見えます。マフラーを縦に適当に折り、どちらか一方が長くなるように首にかけ、長い方を首に一回巻き左右の先端をひと結びし、結び目を横に持っていって形を整えます。ココマイスター クリスペルカーフの評価は高い